vio脱毛しすぎて産婦人科に行くのが恥ずかしい…vio脱毛しすぎると出産の時どうなる?

現在、多くの美容クリニックやエステサロンでプロの手による脱毛が行われるようになって、ムダ毛処理をプロの手に委ねるのは女性としてのみだしなみの一つとなってきました。もっとも人気があり目立つパーツである、ワキやすねなどの脱毛を終えた方が顔や背中などの脱毛を希望されていますが、同時に人気がある脱毛パーツがvioです。

 

これはショーツのラインのビキニライン、生理用のナプキンが当たるIライン、さらに肛門周りのOラインという脱毛パーツで別名ハイジニーナとも呼ばれていますが、欧米ではこのハイジニーナ脱毛は一般に浸透しており、未処理の人が少ないほど多くの方が行っているものです。

 

日本でもこうしたハイジニーナ脱毛の人気が上昇している理由として、毛深いため、未処理で産婦人科などに通院するのが恥ずかしいと感じている方が増えていることが挙げられます。産婦人科では股間を固定して診察を受けますのでデリケートゾーンを露出してしまうため恥ずかしいと感じてしまう方が多くいらっしゃるのです。

 

同時に、vio脱毛しすぎの状態に関しても恥ずかしいという気持ちを持ってしまう方がおり、vio脱毛しすぎを防ぐためにどの程度の脱毛処理をすればいいのか悩むというケースが増えているのです。vio脱毛しすぎに関してはエステサロンでは脱毛を受ける方の希望通りの脱毛処理を受け付けてくれるので、最初に自分がどの程度の脱毛を希望するのかじっくり考えてエステティシャンに相談してから、処理を受けることでvio脱毛しすぎを防ぐことができます。

 

恥ずかしくないvio脱毛は? 

まずは産婦人科で恥ずかしく感じないためのVラインのvio脱毛しすぎを防ぐポイントを考えます。このラインはさまざまな形に自由に変えて整えることができるという特徴があります。逆に言えばこのVラインこそ、vio脱毛しすぎを実感してしまいやすくなる問題のパーツと言えるでしょう。

 

Vラインの形としては元の形を活かしてナチュラルな逆三角形のトライアングルに整える方が大変多くいらっしゃいます。トライアングルは少々周りの形を整えて全体的に小さくするだけでもかなりスッキリと洗練された印象にすることができる人気のある形です。より自由にファッションを楽しみたい方や、Vラインをスッキリ処理したい方ほど、トライアングルを小さくして処理しますので、指2本分ほどのトライアングルを希望される方もいます。

 

また丸みを帯びた楕円形の形に整えるオーバルは優しい印象を与えることができ、年齢を問わず人気のある形です。さらにセレブや芸能人に人気の形がスクエアです。アイブロウのような細い線上に整えた小さなスクエアから面積を取った太めのスクエアがありますが、上品な印象を与えることができます。

 

ハイジニーナは?

さらに全てのVラインを脱毛してしまうのが衛生を意味するハイジニーナです。vio脱毛しすぎの印象を防ぐためには全てのVラインを脱毛してしまうハイジニーナを避けて、トライアングルに形を整える程度に留めるのがよいでしょう。ただし、トライアングルでも下の部分をvio脱毛しすぎると、正面から見て大事な部分が露出してしまうケースがありますので、温泉やサウナなどで恥ずかしく感じてしまう場合も考えられます。

 

そこで正面から見ても大事な部分が露出しないように、指一本分程度、Vラインの下の部分を残すことで、ナチュラルにIラインに繋げることができ、自然に見せることができます。次にIラインですが、こちらはほぼ全て脱毛してしまって構わないのですが、Vラインに繋がる前の部分は慎重に処理する必要があります。

 

こちらの繋ぎをナチュラルにすることで、vio脱毛しすぎの印象をなくし自然なラインに整えることができるのです。こうした微妙な脱毛処理の形の希望は実績があるサロンやクリニックなら、エステティシャンやスタッフの方から提案をしてくれるケースもありますので、自分の希望する形を伝えてじっくりと相談して納得の上で、実際の脱毛処理に入るようにしましょう。

 

基本的に一度脱毛処理を完了してしまえば、元には戻らないので、vio脱毛の処理に入る前にしっかりと形を確認して脱毛の程度や箇所を伝えることが大切です。Oラインは衛生的な理由からも全て脱毛してしまっても脱毛しすぎということがない、安心なパーツです。vio脱毛しすぎを心配される方がいらっしゃいますが、毎日何十人もの妊婦や患者さんを診察する産婦人科医は、ひとりひとりの毛量や脱毛のしすぎについて気にすることはありません。

 

出産時は無毛状態になる 

また、出産の時には分娩時に裂けてしまうのを防ぐために切開をしたり、衛生上の理由からIラインを剃ってしまうことが多く見られます。そのため、出産の時にはvio脱毛しすぎを気にするまでもなく、多くの妊婦さん、産婦さんが無毛の状態になるので安心して大丈夫です。こうしたデリケートゾーンをエステサロンや美容クリニックで脱毛するメリットには大きなものがあります。

 

まず下着や水着を大胆に着こなせるのは大きな魅力です。ムダ毛のはみ出しを気にせずに大胆な水着や下着を身に付け、自分らしく振舞うことができるのはvio脱毛の処理済みならではのメリットと言えるでしょう。また、衛生的な利点も大きなものです。月経中の経血はムダ毛に絡むと処理がしにくく、時間がかかってしまう他にも、蒸れたりニオイの原因にもなりやすく、衛生的にも問題があります。

 

vio脱毛を完了していれば、ムダ毛に経血が絡むのを防げて処理が大変楽ですし、ニオイも気にならずに憂鬱になりがちな月経中も安心して振舞うことができます。同様にOラインの処理を完了していれば体調に関わらず女性としての清潔感をアップすることができ、自信にもつながるでしょう。このようなデリケートゾーンは粘膜に近いところですので、カミソリによる自己処理などは危険ですので、その分プロの手による脱毛が人気を集めており、vio脱毛の様々なメリットがとともに脱毛希望者が増えているのです。

 

 

★★産婦人科受診の際にも恥ずかしくないvio脱毛しすぎを防ぐポイント★★

・Vラインの処理の形、デザインをあらかじめしっかり考え、エステティシャンに相談する

・Vラインの下の部分を脱毛しすぎないようにして、Iラインに繋げるデザインにして、正面から見た大事な部分の露出を防ぐ

・Iラインの前部分はVラインに繋げるようにナチュラルに処理する

・Iラインの後ろ側からOラインにかけては全て脱毛すると衛生的

・vio脱毛の実績が豊富なエステや美容クリニックを選んで申し込む

・全て脱毛するハイジニーナ脱毛はとりあえず避けて様子を見る

 

vio脱毛は受けてみて本当によかった、という満足度が大変高いパーツです。vioのパーツはなにかと蒸れやすく、匂いも心配なパーツですので、月経中などは悩みがつきません。そんなデリケートゾーンを脱毛処理することによって衛生的に管理できることは女性としての自信にもつながりますし、ムダ毛のはみ出しを気にせずに水着や下着などの露出の大きなファッションを楽しめ、自分らしく振る舞えることは大変メリットが大きなものです。

 

ただし一度脱毛完了してしまうと、基本的には元には戻らないのであらかじめ処理の範囲を正確にエステティシャンやスタッフに相談して伝えることが大切です。そのためにも実績があり多くの女性のデリケートゾーンの脱毛処理をしてきたサロンや美容クリニックを選ぶことが大切です。

新・脱毛サロン